理学療法士について

医療関係の職といえば医師や看護師が代表的ですが、近年注目を集めている職が「理学療法士」です。その知名度はひと昔前よりも高まっており、名前を聞いたことがある人も多いかもしれません。しかし、実際はどんな仕事内容なのか全く想像がつかない方が大半なのではないでしょうか。 端的に言うと理学療法士は、リハビリテーションの専門職になります。病気やケガなどが原因で身体を動かすことのできない患者が、どうしたら体を動かせるようになるか、どうやったら身体機能を回復できるかを考えるのが、理学療法士の役割です。理学療法士は国家資格のため、専門的に勉強した人でなければ仕事をすることができません。ただし、それだけ身体に知識のある人だからこそ、患者一人ひとりに適した回復プログラムを制作することができるのです。また、患者がどんな体の動きを必要とするかも十分に考えなければなりません。例えば、高齢者や幼児、スポーツ選手など、それぞれ必要な訓練が違います。理学療法士は、そのあたりも加味して訓練を提案していかなければならないのです。人間の動作について知り尽くしている理学療法士は、患者が自立した生活を送れるように支えてあげるのが仕事とも言えるでしょう。 このように、理学療法士は患者のリハビリ治療を仕事とします。当サイトでは、リハビリを主とする理学療法士の具体的な仕事内容についてご紹介します。理学療法士を目指す方、少しでも興味のある方の参考になれば幸いです。



▼ 理学療法士関連サイト
活躍する場は病院や看護ステーションなど多岐に渡ります。理学療法士は国家資格を有するため、専門学校等での学びが必要です。こちらの専門学校では、随時開催しているイベントで実際の仕事体験ができるようなので、理学療法士を目指す方は参考にしてみてください ⇒ 理学療法士

Scroll Up
 Previous  All works Next