主なリハビリ内容

理学療法士の主な仕事は、患者のリハビリテーションを行うことです。リハビリとは、身体を自由に動かすことのできない人が、日常の基本動作をできるように訓練すること。理学療法士はそれを手伝います。そうは言っても、具体的にどのようなことをするのか、いまいち分からない方もいるでしょう。 リハビリ医療では、身体運動機能の回復が目的です。そこで、患者自身の力で体を動かせるようになるまで、理学療法士がストレッチなどで患者の体を動かしてあげます。例えば、歩く、立つ、横になるなどの動作が困難だったら、それらが患者一人の力でできるように治療をしていきます。さらに、熱や電気などの力を加えて、痛みを緩和させるのも仕事の一つです。まさに理学療法士は、患者の動作専門医。そのくらい、患者の身体と密接な関係にあるのです。また、理学療法士がケアするのは体だけではありません。精神面、心のケアも必要になります。ケガや病気でメンタル面が傷ついてしまった患者がいた場合は、患者の心の回復も担当することになります。 患者が自立した生活を送れるように、身体機能の回復を手伝い、さらに精神面もケアしてあげるのが、理学療法士の大事な役割となるのです。

Scroll Up
 Previous  All works Next