活躍する場所

理学療法士は、病気やケガなどで身体に支障が出てしまった人が自由に体を動かせるように、リハビリ治療を行います。しかし、身体に支障が出ると言ってもその種類はさまざま。単にケガ一つ取っても、その患者が高齢者なのかスポーツマンなのかによっても、治療法は異なってくるのです。 実際、理学療法士が活躍する現場は多岐に亘ります。大学病院や総合病院で扱うリハビリの他、高齢者の多い場ならば介護施設や訪問でのリハビリがあります。高齢者の場合、日常的な動作に加え、更なるケガを引き起こさないための予防訓練も必要になるのです。また、スポーツ関係の企業や、実業団内ではスポーツ選手用のリハビリを行います。身体の故障から復帰を目指すのはもちろんのこと、疲労回復や故障しにくい体も作っていかなければなりません。これらの他には、障害を持った子ども専門の治療などもあります。身体機能を回復するには、それぞれに合った治療を行う必要があるため、それだけ専門的なリハビリが大事になってくるのです。 このように、理学療法士が働く場は必ずしもクリニックとは限りません。スポーツを行う場や高齢者、子どものいる場など、そのニーズに合わせて理学療法士の活躍は広がりを見せています。

Scroll Up
 Previous  All works Next